ランクアップ松山で測定可能!!

 他社の体組成計は水中体重秤量法、DXA法(二重エネルギーX線吸収法)等を基準としていますが、筋量を測定するのに最も信頼性の高いMRI法を基準としています
 MRI法で測定した筋体積と、体組成計Physion XPの生体電気インピーダンス法により求めた筋体積では、0.9以上の非常に高い相関性が実証されています。
 つまり、体組成計Physion XPは、MRI法と同等精度の四肢筋量四肢筋量を基軸とした体組成情報安価かつ短時間に測定する事が可能です。
@四肢筋肉量&バランス
  ●四肢筋肉量(両腕、両脚の筋肉量)と左右バランス上肢・下肢バランスが分かります。
A体組成情報
  身体組成(筋肉量、体脂肪量、骨量、水分量、基礎代謝量等)が分かります。
B日常生活動作能力(ADL)
 片足で体重をどの程度支えられるかを判断できます。
C体型マトリクス
  ●筋肉率と体脂肪率から、現在の体型タイプが分かります。
D日常生活レベル
  ●自立歩行困難から、アスリートまでの日常生活レベルが分かります。
E標準値比較
  ●測定結果と標準値(同年代、同体型)の比較ができます。
MRI法で測定した筋体積と、体組成Physion XPの生体電気インピーダンス法により求めた筋体積では、0.9以上の非常に高い相関性が実証されています。
測定基本原理は、御家庭でも普及しているBIA方式体脂肪計と同じ。
●測定は上向きに寝て実施する事で、より安定な測定を実現。
測定時間は約2分、準備の時間も含めて1人約5分で終了。

トレーニング
  ●スポーツ選手の身体の強化。
  ●四肢の筋肉量、筋力の測定により、身体の強化度合いを数値化。
  ●トレーニングにおける筋肉量情報や健康管理情報の把握。
  ●高齢者の介護予防・健康増進におけるトレーニング効果のチェック。
 リハビリ
  ●事故・疫病による長期入院等、弱った身体部位の強化及び機能回復のチェック。

《測定について》

 
ランクアップ松山で測定可能です。
  チームや個人の方にご利用いただき大変ご好評を頂いております。
  
出張にて測定することも可能ですのでご連絡下さい。
  また、フィジオンについての詳しい内容やご相談、測定料金等につきましては、
  メールにてお問い合わせ下さい。

  個人レベルでの身体組成の把握は、これからのトレーニング効果に大きく影響します。
  簡単かつ安価にMRI法レベルの精度で数値化できますので

  ぜひ一度測定を行ってみてください。